フレンチブルドッグのブリーダーが子犬を直販する優良なブリーダーを紹介します。優良血統を継承するフレンチブルドッグ専門の子犬販売をします。

DOG∞へ連絡!

電話連絡 LINE メール
DOG∞ 電話

DOG∞ 電話
DOG∞ LINE DOG∞ LINE DOG∞ Mail
DOG∞ Mail

誕生したフレンチブルドッグの頭数一覧表

ブリンドル

フォーン

パイド

クリーム

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

 

10月16日生まれのブリンドルの5姉弟

ブリンドルの女の子4頭とブリンドルの男の子1頭が誕生しました!

 

ブリンドルの女の子1頭は売約済みです!!

 

 

 

 

10月1日生まれのブリンドルの5姉弟

ブリンドルの女の子4頭とブリンドルの男の子1頭が誕生しました!

 

 

 

 

8月16日生まれのブリンドルの5姉弟

 

ブリンドルの女の子3頭とブリンドルの男の子2頭が誕生しました!

 

ブリンドルの男の子2頭と女の子1頭は売約済みです!!

イエローリボンちゃん ピンクリボンちゃん
8/16 イエロー 8/16 ピンク
パープルリボンくん
売約済み!
ブルーリボンくん
売約済み!
レッドリボンちゃん
売約済み!
8/16 パープル 8/16 レッド 8/16 レッド
両親情報

 

父親:ブリンドル 外産
祖父:ブリンドル 外産
祖母:ブリンドル 外産 KOR CH

 

母親:フォーン 外産 VP 1,baby bob ,baby Biss,2x Pappy club winner,multi pappy BOB
祖父:ブリンドル 外産 JCH Srb,JCh Mne,Jch Balkan 7x J.C.A.C. 4x CAC .Champion Serbia
祖母:フォーン 外産 JCh Serbia

 

 

 

6月23日2頭のフレンチブルドッグが誕生しました!

ブリンドルの女の子2頭が誕生しました!

 

赤首輪ちゃん

紺首輪ちゃん

6/23 赤首輪ちゃん

6/23 紺首輪ちゃん

 

両親情報

父親:フォーン、JKCチャンピオン
父親の父:外産チャンピオン
父親の母:外産チャンピオン

 

母親:フォーン、外産

 

ドッグエイト 問い合わせ

 

 

5月1日1頭のフレンチブルドッグが誕生しました!

ブリンドルの女の子が誕生しました!

 

 

両親情報

父犬.:ブリンドル 外産直子 JKCチャンピオン
母犬:フォーン
粗父:JKC CHフォーン外産直子
粗母:JKC CHフォーン

 

ドッグエイト 問い合わせ

 

 

4月25日4頭のフレンチブルドッグが誕生しました!

ブリンドルの女の子3頭とブリンドルの男の子1頭が誕生しました!
男の子は素敵な家族と出逢えました♪

 

4/25 ブリンドル メス 4/25 ブリンドル メス 4/25 ブリンドル メス

 

両親情報

父犬.:ブリンドル 外産直子 JKCチャンピオン
母犬:フォーン 外産直子 INT.CH孫

 

ドッグエイト 問い合わせ

フレンチブルドッグ DOG∞

 

ブリンドル・カラー

フレンチブルドッグ ブリンドル

フレンチブルドッグ ブリンドル

 

 

フォーン・カラー

フレンチブルドッグ フォーン

フレンチブルドッグ フォーン

 

 

パイド・カラー

フレンチブルドッグ パイド

フレンチブルドッグ パイド

 

 

クリーム・カラー

フレンチブルドッグ クリーム

フレンチブルドッグ クリーム

 

 

 

DOG∞ / ドッグエイトの役割

DOG∞ / ドッグエイトではフレンチブルドッグの子犬を購入したいお客様とブリーダーとの架け橋を行っております。

 

子犬を販売するブリーダーや専門サイトは複数存在します。
他店との違いは登録されているブリーダーさんの数です。
他店では沢山のブリーダーさんが登録されていますが、DOG∞ / ドッグエイトでは現段階で8人のブリーダーさんしか登録がありません。
DOG∞ / ドッグエイトでは優良なブリーダーさんしか登録を認めていません。

 

間違ったブリーディングを行うブリーダーや適正価格で販売しないブリーダーは登録を拒否させていただいています。
ですから、フレンチブルドッグの子犬の写真を見て頂ければご理解できると思いますが、他店とは外見も異なります。
更に、カラーもとり揃っていません。これはJKC(ジャパンケンネルクラブ)がフレンチブルドッグの繁殖に守るべきルールに従って繁殖をしているからです。

 

ジャパンケネルクラブ(JKC)により定められたスタンダードは、国際畜犬連合(FCI)のスタンダードに準じているものです。

 

フォーン、ブリンドル、およびそれぞれの毛色にわずかな白斑のあるもの。パイドは白地にフォーン又はプリンドルのあるもの。
全体にホワイトの犬は〈パイド〉に分類される。

 

JKCのルールを厳守するとパイドやクリームは滅多に出るものではありません。
しかし、健全な子犬を誕生させるためにはこのルールに乗っ取って繁殖することが第一なのです。

 

つまり・・・
DOG∞では、健全で安心して購入できる子犬を紹介しています。
加えて言うならば・・・
その子犬達はハイグレードな子犬達です。

 

関東、関西、中部エリアにお住いの方へ

関東、関西、中部エリアにお住いの方でフレンチブルドッグのご購入をお考えなら・・・

 

関東、関西、中部エリアではフレンチブルドッグに限らずペットの生体価格が異常に跳ね上がっていると聞きます。特にフレンチブルドッグの子犬の販売価格の跳ね上がり方は異常だそうです。
これはペットショップの価格設定も影響しているのか、ブリーダー同士の価格競争が起こしているのか、全く違うことが影響しているのか判りませんが、これからフレンチブルドッグを家族に迎えようと考えている方には迷惑な話しです。

 

リサーチした結果、現在、関東、関西、中部エリアと九州エリアの間には約30万円の差額が発生している模様です。
九州ではフレンチブルドッグの子犬一頭当たり45万円が平均ベースになっている感じです。
関東エリアでは、75万円以上が通常になりつつあると聞いています。

 

この問題を解決するには・・・・

飛行機で九州まで来ませんか?格安航空券でしたら、東京から福岡まで5,710円で移動できます。移動所要時間約1時間50分です。

 

帰りは夏季は飛行機での移動はフレンチブルドッグは無理ですので、新幹線になります。自由席で22,220円!ワンちゃんの運ぶ運賃280円別途必要です。博多駅から東京駅までの所要時間約5時間です。

 

往復運賃3万円で往復できる計算です。
往復所要時間7時間の過酷な時間かも知れませんが、27万円を得すると考えれば出来ないことではありませんよね?
余裕があるなら前日入りして翌日帰路に付く方法もありますので吟味してください。
関東エリアで無理して30万円の差額を払う必要があるのでしょうか?

 

是非、九州までいらっしゃってください!
福岡の食事は美味しいから食事がてらいらっしゃってください!!

これからフレンチブルドッグを迎え入れようとお考えの方に!

 

家族の一員にフレンチブルドッグを迎えるなら間違いのないブリーダーから、犬舎から迎え入れることをお勧めします。

 

何処で買う?

フレンチブルドッグの子犬を家族の一員に迎えようと決めたら先ずは何処で購入するのか?ですよね。
選択肢は複数ありますが、思い当たるのは「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」「知人」くらいではないでしょうか?
大体の方は、ペットショップかブリーダーかの二者択一になると考えられます。

 

では、ペットショップで展示されているフレンチブルドッグは何処から連れて来られるのでしょうか?
間違いなくブリーダーの元から連れて来られます。
ブリーダーから買い付けた値段の2倍〜3倍の価格設定になっているのが普通です。
血統が良ければ3倍以上の価格設定も珍しくないようです。
それでもペットショップでという方はどうぞ!

 

これに加え、関東エリアは設定価格が跳ね上がっており地方と比べると20万円以上のプラスになっているようです。
関東のペットショップでフレンチブルドッグを購入するなら3桁に達するのではないでしょうか?

 

このことから最近は、関東エリアから九州・中国エリアのブリーダーの元へわざわざ買い付けに来るオーナーさんは珍しくありません。
交通費がかかりますが、比較にならない程お買い得なのです。

 

 

お気に入りのカラーは?

昨今、テレビCMでクリームのフレンチブルドッグが起用されたことから人気が高まっています。
この人気に便乗してクリームの子犬を誕生するべくブリーディングを行うブリーダーは沢山います。

 

クリームの子犬を量産するためには父親と母親をクリームで統一することで量産できる可能性は上がります。
しかし、ジャパンケンネルクラブでは、フレンチブルドッグのスタンダードを守るためには両親のどちらかにブリンドル(黒)を適応させることを推奨しています。
これは、先天性の異常や、色素異常などを抱えない健康な子犬を誕生させるために必要なブリーディングなのですが、人気に便乗し金儲けを目論見、最低限の決まりすら守らないブリーダーが増えているのも現実です。
幼少期は健康に見えますが、1歳を超える頃から異常発症し、子犬も飼い主さんも苦しむ事になります。

 

当方にも、様々な相談が日々飛び込んできますが、間違ったブリーディングを行うブリーダーから購入したオーナーさんは毎日大変です。
月々の病院治療費は4万円を超えるそうです。年間48万円也。子犬はまだ2歳になったばかり。10年生きれば480万円です。
先天性の異常などは治しようがないため、ステロイド薬なので疾患を抑え込むほかありません。現状維持が精一杯なのです。

 

それでも、家族として迎えたからには責任が伴います。遺棄すれば動物愛護法違反で1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

 

誰から購入するのかは重要です!ペットショップや、質の悪いブリーダーから購入すると先々酷い目に遭うことがあるそうですからご注意ください。

 

DOG∞ / ドッグエイトは子犬を紹介する他サイトと差別化しているのは、登録されているブリーダーは、上記のようなブリーダーを排除しています。
安心してご購入頂ける優良なブリーダーばかりなのでご安心してお声をおかけください♪

 

フレンチブルドッグ